弊社の書籍をご紹介します。ご購入は、書店、web書店でお願いいたします。書店様からのご注文についてはこちらをご覧ください。

自分のとなりに座ってみたら 私の幸せチャレンジ 明るいほうへ、楽しいほうへ

寺中有希/著 2022年2月5日発行
 四六変形判並製 104ページ(オールカラー) 定価1,100円+税
 ISBN978-4-910675-01-5 C0095
→カバー写真をクリックすると「版元ドットコム」の詳しい内容紹介ページにとびます
『自分のとなりに座ってみたら』カバー

 自分のとなりに座ってみたら…
 自分って、意外と悪くなかった。

 明るい人にあこがれてしまう。変わりたいと思って、思うように変われない。誰かがうらやましくて、つい落ち込むことも。
 誰にでもあるそんな気持ちを、たくさんのカラーイラストと詩のような、つぶやきのようなあたたかな文章で、ほっとゆるめてくれる本です。
 変わることも大事、じっと待つのも大事。いいことも悪いことも抱え込まずに、流してしまおう。周り優先ではなく、私をいちばん大切にしよう...正解はないけれど、幸せについて考えていると、幸せがふつふつと増えていきます。
 明るいほうへ、楽しいほうへ、自分の居ドコロを見つけに、あなたもこの本と一緒に「#幸せチャレンジ」してみませんか。
 著者の寺中有希さんとりょうゆう出版代表の安は、おそらく1995年ごろのお互いの前職時代に、翻訳書籍の刊行の仕事で出会いました。それから25年余り経ち、まったく違う種類の本をつくることになったのは、思いがけない喜びでした。しかし寺中有希さんは、この本の校了後の1月12日に、刊行を待たずに永眠されました。残念でなりません。

—————————————————————————————————————————-

共に揺れる、共に育つ  四十年間教壇に立った或る教師の想い

杉原米和/著 2021年11月1日発行  
 書籍版:四六判並製 208ページ 定価1,600円+税
     ISBN978-4-910675-00-8 C0037
 電子書籍版:価格1,500円+税 
→カバー写真をクリックすると「版元ドットコム」の詳しい内容紹介ページにとびます。

 現代は、教師も親もそれぞれの「場所」で子供の教育に迷う時代です。能登半島の高校在学中に教員を目指し40年。いまも現場で活躍する著者のアドバイスは「悩みながら子供と共に揺れ、成長し、そして子供から学ぶ」こと。
 学校現場での生徒や保護者との交流で得た貴重な経験、国語教師として近代日本文学を研究するなかでの発見、そして読書のなかで出会った先達の言葉など、多彩な経験と研究のなかから生まれた本書は、現役教員にも教員を目指す学生にも、保護者の皆さんにも、きっと役に立つでしょう。
 著者は、石川県七尾市に生まれ、能登を自らの原点として育ち、七尾高校から金沢大学教育学部、早稲田大学専攻科をへて都内の私立中学、高校で国語科教師として40年余り教壇に立ち、その間、副校長や幼稚園長なども務めてきました。現在は東洋大学、江戸川大学で教員志望の学生の指導を携わりながら、石川県の魅力を伝える活動も続けています。第6章では、能登半島や金沢の街の自然や風土、人の姿などを描いていて、本書の魅力の一つとなっています。
 りょうゆう出版代表の安は、15年以上前に杉原米和先生と出会い、その後、いろいろな機会に教育や学校についてお話してきました。2014年に刊行された『白山の丘の上から 生徒共に生きる』(みくに出版)のときも、安が編集を担当させていただきました。